ちか100かいだてのいえ

いわいとしお

偕成社

 

「100かいだてのいえ」に続き、今度は地下へ。10階ごとに違う生き物が住んでおり、クウちゃんは順番に降りていきます。

この本の楽しいところは、立てに開くところ。長い長い100階を順番に下っていく感じが味わえます。それぞれの生き物たちの生活が細かく描かれており、とてもかわいいです。

まあ、地下なのでかわいい生き物だけでなく虫やら爬虫類やら普段うへっというような生き物も。

ミミズなど、実際は会ったら逃げる娘も本の中ではすんなり受け入れています。一番のお気に入りの階はハリネズミ。キラキラがいっぱい出てくるので。

気がつけば知らない間に100まで数えられるようになっていたのは、この本のおかげでしょうか?