バムとケロのそらのたび

島田ゆか

文溪堂

 

こどもに大人気バムとケロシリーズ。我が家にはこの1冊があります。なぜかというと、この本はばあちゃんに買ってもらったのですが、1度も読んだことがないという理由で子どもが選びました。他のバムとケロは何回も図書館で借りてきて読んでいるのに、このそらのたびだけはで会ったことがなかったのです。本人は、さむいあさが一番好きなようですが。

この本、最初目にしたのはお友達の家でした。面白いよと勧められましたが、何となくとっつきにくくさらっと流した程度でした。

が、子どもが大きくなり一緒に本を楽しめるようになって再び手にしたら、「うーんすごい。」なんといってもまわりの描写が細かいのです。ページをめくるたびにやめぴやいまちゃんを探し、何度も何度も見てしまいます。

かわいいっとは言いにくかったバムやケロちゃんも表情が豊かでどんどん親しみがわいてきます。

絵のことばかりかいていますが、お話もバムの丁寧な仕事ぶりやケロちゃんの行動がかわいくて、大好きな本になりました。