ちびゴリラのちびちび

ルース・ボーンスタイン

ほるぷ出版

 

この本は、保育士さんをしている友人の大好きな本です。

以前TVでゴリラの生態を見て、ゴリラのやさしさなど知らなかった面を知ることができ、ゴリラが大好きになりました。大きいだけじゃないんです。

その後、友人からこの本を教えられました。

森の動物たちは、ちびゴリラが大好きです。でも、いつまでも小さいままではいられません。どんなにおおきくなっても森のみんなはちびちびが大好き。みんなにとっては、体が大きくなってもちびちびのままなんです。変わらないんです。

あったかい絵と話に、心の中がほわっと暖かくなります。

絶滅危惧種に指定されているゴリラ。ずっと地球にいてほしいです。

 

ちびゴリラのちびちび