キャベツくんのにちようび

長 新太

文研出版

 

ナンセンスといったら長新太さん。学ぶことなんか何もなくてもいいんです(失礼)面白ければ。

「キャベツくん」から始まりいろいろ出ていますが、うちで購入したのは「にちようび」。「つきよのキャベツくん」とものすごく迷いました。。

ブタヤマさんはいつもおなかがすいているし、キャベツくんはかわいくってやさしい。なかよし(?)な二人。

おいしいものがありますよ〜と誘われてついていきます。そこからの展開は普通じゃないです。長新太さんの頭の中はどうなっているんだろう。気になります。

説明なんていらない絵本です。読んで、絵をみて楽しむ本です。

 

キャベツくんのにちようび