でっこりぼっこり

高畠那生

絵本館

 

まずは、表紙を見てびっくり。子どもにうけます。すね毛、指毛の足ですから。この時点ではタイトルとの関連性も全く分かりません(笑)。読み進めていくと分かります。

お話を進めていくクロネコがあやしくていい感じです。

絵も注目すべき点がいくつもあります。細かい描写が楽しすぎます。「チーター大セール」のチーターもいます。

この本を読んでから我が家では「でっこり」が公用語となり、できものができたり、どこか膨らんでいたりすると「でっこりになっちゃった」とか「でっこりなんですけど」など、普通に会話に出てきます。3歳の子どもが、話の内容をどこまで理解しているか疑問ですが、語感を楽しんでます。

 

でっこりぼっこり